スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【熊本城(1)】櫨方門から竹の丸

熊本城112/23、24と熊本城に行って来ました。近世城郭としての熊本城は、巨大な堀に石垣に近代的枡形空間と見所満載で、城郭というよりは「巨大要塞」を思わせるほどのものがありました。
「日本城郭大系」おすすめの「行幸橋を渡って竹の丸から入る」コースは、熊本城の巨大さを堪能するのには最も適切なものだったと思います。初めて熊本城へ行く方にはおすすめです!
竹の丸から天守閣に向かう通路の途中に、まるで「通せんぼ」するように立ちはだかる巨大石垣の配置と通路からの死角にある枡形空間は、防御を考え抜いたものであることが、よくわかりました。


清正公

行幸橋の手間では加藤清正公の銅像が待ち構えています。

馬具櫓

馬具櫓です。

備前堀

馬具櫓の反対側には、巨大な水堀「備前堀」があります。城内唯一の水堀である。日本城郭大系によると「備前」の名前の由来は、「家臣の佐々備前の屋敷か小笠原備前の名前によるもの」とある。この日の備前堀の水面には周りの景色が映り、とてもきれいなものであった。

枡形

馬具櫓の横を通り、城内に進むと、枡形と思われる防御空間が現れる。

櫨方門

さらに進むと「櫨方門」が現れる。料金所を兼ねています(入場料500円)。ここをくぐると竹の丸。

竹の丸

広大な「竹の丸」。

井戸跡

井戸跡があります。

竹の丸

竹の丸の北側には天守閣へ通じる通路が見えます。これも枡形っぽいですよね。

飯田丸五階櫓

竹の丸の直上には、重臣飯田覚兵衛が築いた飯田丸の五階櫓が見えます。

衛星画像

Google Earth衛星画像による場所説明。

次は飯田丸へ!(続く)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

duckhouse

Author:duckhouse
私は取手市に住む地元とアントラーズを愛するものです。歴史にお城も好きだよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。