スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【熊本城(5)】宇土櫓

宇土櫓本丸の西隅にあるこの「宇土櫓」は、解体修理をされたとはいえ、築城当時のままに近いと言われています。国の重要文化財に指定されている櫓です。熊本城の公式ページによると、宇土櫓の名前の由来は宇土の小西行長が関ヶ原で滅んだ後、小西の家臣の一部を清正が召し抱えて宇土小路として現在に名前を残します京町に住まわせ、櫓をこの一団に管理させたことから、こう呼ばれたのではないかと言われているらしい。
宇土櫓

本丸の西隅にある宇土櫓です。小天守と言ってもいいほどの堂々とした建物です。当時の素材を使っているので、復元天守と違い、時代を感じさせてくれます。

宇土櫓の中

需要文化財ですが、中に入ることができます。中は古い作り。歩くとミシミシと音がしますよ。(^_^;

宇土櫓から

窓から天守閣を見る。

銃眼

宇土櫓の横にある壁の銃眼。

本丸御殿大広間

そういえば、本丸では「本丸御殿大広間」の復元工事が進んでおります。熊本城公式ホームページよると、往時の本丸御殿には、藩主の居間、対面所(接客の場)や台所等の機能が備わっていた、とのこと。
今回は大広間(対面所)、数寄屋(茶室)と大台所が復元されるそうです。

頬当門

本丸をほとんど周ったので、二の丸へ向かうことにしました。頬当門をくぐります。

頬当門空堀

頬当門の左右にはかなり深い空堀があります。とてつもないスケールです。空堀はかっこいい!(^_^)

衛星画像

Google Earth衛星画像による場所説明。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

熊本城探検報告 by『たぶん取手ブログ』

 duckhouseさんの『たぶん取手ブログ』ではただ今「熊本城探検報告」『熊本城(1)~(5)』を連載中です。[『たぶん取手ブログ』の天守閣の写真をお借りしました]

熊本城について--お城の冒険

熊本城熊本城(くまもとじょう)は、熊本県熊本市にある城。日本三名城、日本100名城の一つ。特別史跡。別名、銀杏城、カラス城。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFD

コメント

Secret

プロフィール

duckhouse

Author:duckhouse
私は取手市に住む地元とアントラーズを愛するものです。歴史にお城も好きだよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。