スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山城址

大山城址大山城址は岡台地と向いあう台地の先端部にある。城主は、「取手町郷土史資料集Ⅱ」によると平将門の臣・大炊豊後守。近郷きっての勇将と言われていたらしい。将門の乱勃発時、弟・丹後守と固めていたが、将門敗死の報を聞き城を棄てて、久寺家の庇護下に入ったとのこと。後、大炊豊後守は、久寺豊後と名乗る。久寺家大井氏宅には、将門に関する天慶3年の位牌と遺物頚天神があるそうだ。

大山城の縄張りは「市之代古墳群第3号調査報告書/巻末・取手町内遺跡一覧)」によると、二重の土塁と空堀にて後背の台地との連絡を絶っており、空堀の深さは2mあったとのこと。

大山城址の場所は、取手市寺田4355付近(旧地名:寺田字大山)

参考文献:取手町郷土史資料集Ⅱ、取手町郷土史写真集、市之代古墳群第3号調査報告書/巻末・取手町内遺跡一覧)、取手市史
参考サイト:美浦村お散歩団余湖くんのお城のページ



なかなか場所が特定できなかった大山城址。
参考文献と参考サイトを確認してだいたいの当りをつけ、ゼンリンの住宅地図で城址の「土地の盛り上がり」を確認する。それらしき場所が3ケ所存在している。後は、「城址がある土地に建っているお屋敷の持ち主宅(取手町郷土史資料集Ⅱ)」があるかを調べて、ほぼ推定位置としてみた。

遠景

岡城址側から見た大山城址・遠景。

外観

大山城址の郭・北側です。

北側

取手町郷土史写真集にあった写真と同じ崖を発見。たぶん、この台地にあるのだろう。

北側堀

この辺は主郭の北側縁になるのでしょう。土塁らしきものと、堀というか溝が道になっています。

虎口らしき道

この道にそって、主郭のある台地をぐるりと西に周ってみると、虎口のような道が出現!

主郭1

左手に主郭らしき盛り上がりがあった。藪がきれいに取り払われていた。造成前なんでしょうか。もっと側に行きたかったのですが、ブロック塀で囲まれていて完全な私有地になっています。背伸びして望遠で撮影するしかありません。
なお、右手はうっそうとした林になっています。

主郭2まわりに小さい堀

主郭らしき盛り上がりの周辺には小さい堀らしき凹みがある。重機の通った跡なのかも。

主郭南の堀

主郭らしき盛り上がりの南には、空堀跡らしきものが、台地との連絡を絶っています。微妙に参考文献と一致しています。

なお、新取手5丁目側にも土地の盛りあがりがあり、近くに、「大山公園」があります。つい、うっかり調べるのを忘れてしまいました。(^_^;近々再チャレンジ予定。

衛星画像

Google Earth衛星画像による場所説明。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大山城(取手市)再訪

 4年半前に『茨城県遺跡地図(平成2年)』を頼りに見に行ったことがあったのだが、遺跡地図が示している部分の西側にも怪しげな場所があるなぁとは感じていながらそのままになっていた。最近『たぶん取手ブログ』で紹介されて

コメント

Secret

やっぱりこっちか

ひづめです。
 お屋敷の西側に怪しい場所があるのは気になっていましたが、ついでの時に行こうとそのままになっていました。12月25日も時間切れで大山城へは行きませんでした。こんなに土塁が残っているとは思ってなかったので、近い内に見に行ってきます。やっぱり地元からの情報は良いなぁ。

あまりにも見事すぎて。。。

私も驚きました。
地主さんの家を訪ねて、中を見学したかったのですが、ちょっと勇気が出ませんでした。(^_^; 菓子折りでも持っていけばよかったなあ、と思っています。
時間があれば、再チャレンジする予定です。

どなたか姿があれば声を掛けて、正直に「お城に興味がある」と伝え、「お屋敷もお城の一部なのか」「何か堀とか土手など残っていないか」「見せていただけないか」と頼んじゃうのですけどね。明日は行けるか行けないか、、、

大山城跡に住む友

大山城跡地居住の主は「風と雲と虹と」のNHKの取材話をしてくれた、大山にも将門井戸があり今でも
門松は飾らないとか鯉のぼりは立てないとかの風習が残っているという。【取手町郷土史資料集】
現在の主は野草の研究家として近在に知られている、尚、新取手の旧字地名は「大山」なのです。
「 あおあおと 丘を覆うる 法蓮草 」久寺家で栽培されるホウレン草は、初春に久寺家の里一面に青々と広がり、その美しさに食欲を誘われます。2005/03の記録

光音さん、こんばんは。
>大山城跡地居住の主は「風と雲と虹と」のNHKの取材話をしてくれた
>、大山にも将門井戸があり今でも門松は飾らないとか鯉のぼりは立
>てないとかの風習が残っているという。【取手町郷土史資料集】
なるほど。見たいですね。将門井戸。地主の方の敷地内なんでしょうか?

>現在の主は野草の研究家として近在に知られている、尚、新取手の
>旧字地名は「大山」なのです。
なるほど。
実は大山城址を見学したいところですが、ツテがありません。もし、地主の方のご友人でしたら、紹介していただけると嬉しいです。

プロフィール

duckhouse

Author:duckhouse
私は取手市に住む地元とアントラーズを愛するものです。歴史にお城も好きだよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。