スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大日山古墳

大日山古墳大日山古墳は、岡城址の主郭にある。方形状の古墳。底形13m×17m、上形5m×5m、高さ3.3mとなっており、古墳の上には岡神社が建っている。古墳が作られた時期と被葬者は不明。中・近世に盛んになった大日信仰のおり、それにちなんだ板碑や仏、祠が古墳周辺に並べられた。「大日山」の名前は、それからきている。

場所は、取手市岡字台畑。

参考文献:藤代町史
参考サイト:取手市ホームページ

大日山古墳

大日山古墳はこのような方墳になっている。

岡神社

古墳の上には岡神社が建っている。

広場

古墳の横には広場があり、平将門の愛妾・桔梗姫が住んでいた朝日御殿があったという伝説があります。

説明板

説明板。

衛星画像

Google Earth衛星画像による場所説明
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

duckhouse

Author:duckhouse
私は取手市に住む地元とアントラーズを愛するものです。歴史にお城も好きだよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。