スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首欠け地蔵と一色宮内の墓~小文間城主・一色宮内少輔政良終焉の地

首欠け地蔵雁金山の戦いに敗れた一色宮内少輔政良は、高井・荒木三河守勢に捕らえられて処刑された地が小文間にあります。言い伝えでは、小文間小学校正門の側にある「首欠け地蔵」の場所がそうであるようです。
また、首欠け地蔵の伝説には、こういうものがあります。
「昔、首があった頃の地蔵が毎夜化けてその地の人々を驚かすことがあり、困った名主が、地蔵の首を切り落としたところ、血が噴出した。驚いた名主が供養を行った」

小文間城址の側にある「ぽっくり榎大師」の墓地には一色宮内の墓(?)があります。

好戦的な一色宮内ってどういう人だったんでしょうね。小豪族に生まれたため、ほとんど記録が残っていません。織田信長のような苛烈な性格の持ち主だったのかもしれません。。。一色宮内に興味があります。(^_^)

首欠け地蔵の場所は、取手市小文間5341番地付近。

参考文献:取手市史。
参考サイト:取手の坂東太郎大師堂15番と66番

首欠け地蔵1

小文間小学校正門の側にある「首欠け地蔵」。

首欠け地蔵2

敷地内に入って、お地蔵様の顔を拝見しました。あきらかに普通のお地蔵様の顔とは違う「とってつけたような」不思議なものでした。写真を撮るのがちょっとはばかられました。。。(^_^; いや、怖かったというのが正直な感想かも。

一色宮内墓地

小文間城址の横を通り、利根川に張り出している崖沿いの道を進むと、「ぽっくり榎大師」があります。その後ろの墓地に、古びた木の柱と墓石があります。これが、一色宮内少輔政良の墓石と言われています。

衛星画像

Google Earth衛星画像による場所説明。

謎の土塁

一色宮内の墓地の前にある小文間台地の縁に謎の土塁らしきものがありました。もしかしたら、小文間城址の一部かもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

duckhouse

Author:duckhouse
私は取手市に住む地元とアントラーズを愛するものです。歴史にお城も好きだよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。