スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【守谷市】今城城址(高野館)

今城守谷市けやき台にある「うららか公園」は今城城址であるそうだ。城址にある説明板には城の名前と築城の由来が書いてある。それによると。。。
「今城」とは、「今造られた城」という意味であり、地元では昔から「いまんじょ」と呼ばれているらしい。
築城は14世紀の南北朝時代の頃。守谷の領主相馬忠重が南朝の味方をして城を築いて北畠顕国を迎えたという記録がありそのときの城がこれではないかと言われているそうだ。北畠顕国はその後北朝軍に攻められ敗退した。
また、城の構造については、南朝の英勇北畠親房が最後に拠った大宝城や関城と構造が良く類似しており、自然を利用した簡単な土塁を造った程度の城と考えられているらしい。生活のための城でなく、戦時用の城砦である。

今城城址は、守谷市けやき台3丁目付近。

参考文献:守谷市史、常総戦国史
参考サイト:美浦村お散歩団余湖くんのお城のページ


今城城址は南守谷の閑静な住宅街のど真ん中にあります。

城址外観

今城城址の外観。守谷の台地から飛び出した「舌状台地」の上にあります。今は城址公園となっています。

B郭

入口が2ケ所あります。真ん中から入ると、一番広い郭(守谷市史ではB郭としている)に着きます。ここに説明板があります。

説明板

これが、今城の説明板。

土塁

このB郭の奥に、唯一の遺構とされる「土塁遺構」があります。

A郭

B郭にある階段を上ると、一番高いところにある主郭部(?=守谷市史ではA郭)に出ます。今は何も残っていません。

A郭外側

A郭から外をのぞくと、周りは住宅街。

C郭

B郭の下には、C郭があります。ブランコや滑り台があったりします。

外郭部

今城の周りには、土塁のような土盛りや、溝(堀跡)のようなものがあったりします。

衛星画像

Google Earth衛星画像による場所説明。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

duckhouse

Author:duckhouse
私は取手市に住む地元とアントラーズを愛するものです。歴史にお城も好きだよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。