スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中峠城(芝原城)

中峠城中峠城は古利根沼湖畔にある城である。城主は河村氏。常総戦記によれば、小文間城主一色宮内を滅ぼした雁金山の戦いの功でこの城の城主となったようである。当時の古利根沼は利根川の蛇行部分であったたため、この中峠城は水運ににらみをきかす要害の地であったのだろう。城の南側には田園地帯である湿地帯が広がり、城の守りにも問題はなかったのだろう。
河村氏は、天正元年の小田原北条氏との根戸村合戦にて討死にし、それとともに中峠城は落城したという。
縄張り中峠城の縄張りは、二等辺三角形の形をしており、西からⅠ郭・Ⅱ郭・Ⅲ郭の3つの郭で構成されている。この周辺は宅地化が激しく、残存している遺構は少ないが、Ⅰ郭の先端部にある櫓跡のような高台とその周辺の残存土塁は素晴らしい。Ⅱ郭は自然公園となっており、かろうじて古利根沼側に土塁(城塁)が残る。Ⅲ郭は森林と一部宅地化されていて遺構があるかわからなかった。なお、城址の中央を通る道路の南側に広がる竹林の中には堀跡のような窪みが見られた。

参考文献:日本城郭大系、中峠城調査報告書、中村脩氏著ふるさと「あびこ」

中峠城入口

ここが中峠城(芝原城)の入口です。ここから入るとⅠ郭の先端部にたどり着きます。この他ににも、Ⅱ郭虎口と見られる入口もあります。

1郭櫓台

Ⅰ郭の先端部には高さ6~7mぐらいの櫓台遺構のような高台(土壇?)があるのに驚きます。中峠城調査報告書には、この「もしかして櫓台遺構」についての記述がなく、遺構の正体についてはなんとも判断がつきません。この櫓台の頂上部に登ってみると、古利根沼を一望することができました。「櫓台と言ってもおかしくないなあー」と思いましたよ。

1郭櫓台頂上部

階段があったので登ってみたところ、頂上部には、「山の神」と「水の神」が祭られていました。神社になっています。でも、参拝する人いるのかな。
階段は狭く急であるため、かなりの注意を要します。落ちたら、確実に怪我をしまっせ!

1郭櫓台頂上部から見下ろす

櫓台頂上部からⅠ郭先端部を見下ろす。Ⅰ郭の先端部は竹林になっています。

1郭北側土塁

櫓台遺構の北側には、それに続く土塁が見られます。Ⅰ郭先端部が最大の見所かもしれません。

中央通路

さて、先端部から先に移動します。城址の中央には、このような後世に作られたと思われる道路で分断されています。当時、こんな道路を作るわけないよなあ。(^_^;

1郭土塁

道路の脇には、このような残存土塁が見られます。

1郭

Ⅰ郭の跡です。民家の敷地となっています。地元の言い伝えでは、ここが本丸ということになっています。敷地内には、残存土塁・土壇が見られますよ。

2郭入口

そして、これがⅡ郭入口。自然公園として整備されています。

2郭

ここがⅡ郭。今は特に遺構はありません。1年前に来たときは、竹で埋まった堀跡があったんですけどねえー。

2郭土塁

古利根沼の崖付近には土塁(というか城塁)が残っています。上に登ることができます。

2郭堀

土塁が切れて堀のようになっているところがありますが。。。後世の整備した結果の地形なんだろう。たぶん。

古利根沼遠望

土塁からは古利根沼を見下ろすことができます。

庚申塔

Ⅱ郭とⅢ郭の間付近に、中峠城の庚申塔があります。これはいつ頃のものなのか。。。

2郭土塁

また、Ⅱ郭とⅢ郭の間付近に、残存土塁がありました。

3郭

これがⅢ郭。森林になっていて、遺構らしいものはありません。Ⅲ郭の東側は宅地化されています。

この他にも、中峠城家老林伊賀守が落城の際に自刃した場所「順道塚」があるはずですが、見つからなかった。
後で知ったのだが、Ⅲ郭の南側住宅地付近に、腰郭が残っているそうだ。近々、再訪予定である。

Google Earth

Google Earth衛星画像による場所説明。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

duckhouse

Author:duckhouse
私は取手市に住む地元とアントラーズを愛するものです。歴史にお城も好きだよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。