スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷城と鎌倉古道

渋谷城東京都渋谷区渋谷のオフィス街の一画にあるお寺「金王八幡社」。このお寺の周辺は昔、渋谷氏の城館「渋谷城」があったと言われている。渋谷城は、日本城郭大系によると、源義家が渋谷氏の祖・河崎其家に渋谷を含める一帯の土地を与えたのが始まりであるようだ。その後、河崎氏の子孫に金王丸という者が出て、金王八幡社の名前の由来になるような武勇伝・伝説を残したが、渋谷氏そのものの記録が全く残っていない。渋谷城は、大永4年(1524年)に起きた北条氏と上杉氏との合戦の中で焼き払われたらしい。渋谷氏はそれとともに、城を棄てたため廃城となった。現存する金王八幡社は、場内にあった氏神・守神のようなものであったのだろう。なお、城の遺構は残っていることは残っているんですが。。。

場所は、渋谷区渋谷3-5付近。渋谷クロスタワーのそば。

参考文献:日本城郭大系

実は私のオフィスのそばにある城址。オフィス街とは無縁の静かさの中にあります。渋谷城があったといわれる場所は、ちょっとした高台になっています。

堀の内

金王八幡社の西側、当時は「堀の内」と呼ばれていた場所です。ゆるやかな傾斜になっており、当時は丘陵地だったそうです。この傾斜地のふもとには渋谷警察署があり、渋谷川から水を引き込んで堀を巡らしていたとのこと。そういえば、渋谷駅の中心部は周りから凹んだような地形になっています。

表参道

金王八幡社の表参道から境内を見上げる。

説明板

入口にある由来説明板です。

境内

金王八幡社境内。

金王桜

境内の中には金王丸伝説ゆかりの「金王桜」というものがあります。日本城郭大系によると、金王丸は、源義朝を討った長田忠致の郎党数十人(!?)を切って報復を果たし、常盤御前に義朝の死を報告した後は、僧となって全国を行脚して義朝の菩提を弔ったそうです。

石垣

渋谷城に残る唯一の遺構。石垣の「石」。ほんの「ひとかけら」だけ残った遺構には、ちょっとした感動を覚えました。しかし。。。表面の光沢を見ると新しすぎる!!!ちょっと磨きすぎじゃないかい?(^_^;

渋谷川

今も残る渋谷川。堀にも利用していたのでしょう。

鎌倉道

左に見える道路が、鎌倉道です。渋谷城を焼き討ちする北条軍はここを南下してきたのでしょう。

説明板

このような説明板がりあります。

衛星地図

Google Earth衛星画像による場所説明。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

duckhouse

Author:duckhouse
私は取手市に住む地元とアントラーズを愛するものです。歴史にお城も好きだよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。