スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲城ノ台と古渡城

古渡城茨城県遺跡地図によると江戸川学園取手校の隣にある藪だらけの小山は、古渡城とされている。地理的には利根川縁に突出した見晴らしのよい高台となっており、当時の利根川の水運ににらみをきかせることができる要害だったのだろう。取手町郷土史資料集Ⅱによると、南側に簡単な土塁が残っており、茅山式土器が出土したらしい。
この古渡城と常総ふれあい道路をはさんだ向かい側に、「稲城ノ台」がある。取手市史に掲載の「稲城ノ内地形図」を見ると、常総ふれあい道路が出来る前は、古渡城と稲城ノ台は陸続きになっており、もしかしたら、古渡城は、稲城の郭の一部だったのかもしれない。

参考・引用文献:取手市史、茨城県遺跡地図、取手町郷土史資料集Ⅱ

古渡城の遺構をぜひとも確認したかったのですが。。。すぐ側に、学校があることから、藪に突入するのはひかえました。(^_^;

古渡城外観

古渡城外観。藪だらけの小山になっています。

古渡城西側

城跡らしく、小山の頂上部は平坦になっています。

郭西側

郭の西側の様子。

郭東側

郭の東側。学校の敷地に接しています。

堀跡

気になった地形があったので、ちょっと藪の中に突入してみました。
堀跡のような窪みがありました。さらに、その先にも行きたかったんですが。。。

土塁

南側にある土塁。下から見上げてみました。

なお、古渡城の藪に突入された方のレポートがあります。

余湖くんのお城のページ
その古渡城のレポート

常総ふれあい道路をはさんで向こう側の稲城ノ台にも足を運んでみました。

稲城ノ台

高台は、私有地になっており入ることはできません。

稲城ノ台2

高台の周辺に城跡を連想させるような地形が認められたのですが、工事中のため先に行くことができません。
スポンサーサイト

コメント

Secret

古渡城

古渡城、随分ときれいになっていますね。以前はものすごい藪で近づきがたかったです。

re古渡城

冬場だったのが多少良かったのでしょう。夏場は完全な藪です。この日は隣の学校が授業中だったので、登山はあきらめました。南側の土塁を間近で確認したかったんですけどね。
プロフィール

duckhouse

Author:duckhouse
私は取手市に住む地元とアントラーズを愛するものです。歴史にお城も好きだよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。