スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【我孫子】柴崎城址

20070818_sibasaki_small.jpg柴崎城の城主は、東国戦記実録では荒木三河守とされているが、はっきりとした記録は残っていない。日本城郭大系によると、戦国時代には小金城の高城氏の支配下にあったのではないかとの記述がある。
さて、柴崎城の遺構は全く残っていない。昭和40年代初めの宅地造成前は、3郭で構成された城郭であったようだ。柴崎神社付近が城址位置になる。我孫子市教育委員会の「我孫子の史跡を訪ねる」によると柴崎神社と隣合う円福寺の裏手の道路が空堀跡だそうだ。
なお、柴崎神社は、歴史がある神社であり、平将門の祈願所とされたいた。当時は、妙見社と呼ばれ、千葉氏一門の守護神として崇められてきた。伝説では、柴崎城主荒木三河守が社殿を改修し、この神社で武運を祈ったとある。千葉氏と何らかの関係がある神社ではある。

場所:我孫子市柴崎字城根。天王台駅から徒歩15分。
参考引用文献:日本城郭大系、我孫子市教育委員会・我孫子の史跡を訪ねる

20070818_sibasaki_torii.jpg

柴崎城があったとされる付近には柴崎神社がある。このあたりは、城根と呼ばれている。

20070818_sibasaki_jinjya.jpg

神社の外観。

20070818_sibasaki_keidai.jpg

柴崎神社の境内。

20070818_sibasaki_dodan.jpg

境内にある土壇。お城との関係はないでしょう。

20070818_sibasaki_karabori.jpg

ここが、空堀跡とされる神社裏手の道路。当時は、外堀だったんでしょうか?それとも、郭を仕切る堀だったんでしょうか?

20070818_sibasaki_mawari.jpg

城根付近は、周りに比べて少し高くなっています。
スポンサーサイト

コメント

Secret

お久しぶりです

この柴崎城主の荒木三河守が小文間城主一色政義の滅亡に関係しているとされていますね。
このあたりも詳細を調べるとまた興味深いものがありそうですね。
プロフィール

duckhouse

Author:duckhouse
私は取手市に住む地元とアントラーズを愛するものです。歴史にお城も好きだよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。