スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【静岡】二俣城(1)~本丸

20080705_small_hutamajyou.jpg二俣城は、天竜川と二俣川の合流する地の丘陵上にある。日本城郭大系によると、最初の城主は今川総五郎(今川氏)の幕下・二俣近江守。今川氏真時代は松井氏が城主となる。今川氏衰退後は徳川氏が攻略し、鵜殿氏長が城主となる。その後、武田信玄の近江侵攻に備え、家康は中根正照が主将として入城した。しかし、水の手を押さえられ、武田氏に降伏する。武田信玄はこの城に依田信守・信蕃父子を守将とし、武田方の城として続く。
長篠合戦で武田氏が敗れると、家康はこの城を包囲して奪還し、大久保忠世を城将とした。天正18年、二俣城は大久保氏が小田原城主に封ぜられ、廃城となった。
また、二俣城は、天正7年、織田信長から謀反の疑いを受けた徳川信康が自害した城でもある。

場所:天竜浜名湖鉄道・天竜二俣駅から徒歩15分。
引用&参考:日本城郭大系「静岡・愛知・岐阜」、
20080705_1_gaikan1.jpg

二俣城遠景。前方の丘陵にある。

20080705_1_gaikan2.jpg

二俣城へは急な階段を登って行きます。

20080705_1_kosiguruwa.jpg

階段を登ったところに、「腰曲輪」があります。今は道路と狭い空き地になっています。

20080705_1_iriguchi.jpg

これが城への入口。まっすぐ本丸にあがることができます。

20080705_1_masugata.jpg

「馬出し曲輪」の跡です。

20080705_1_honmaruiriguchi.jpg

本丸へは、さらにこの階段を登る。

20080705_1_kitakaku_horikiri.jpg

まずは本丸と北郭の間にある「堀切」に到着。左手へ行くと「北郭」へ。右手は「本丸」となる。堀切はミニ堀切といったところかな(苦笑)。堀切の上にかかる橋は、当時は木橋だったのだろう。

20080705_1_kuichigaikoguchi.jpg

本丸に入る手前の「食い違い虎口」。虎口を作る土塁には石垣がある。

20080705_1_honmaru1.jpg

ここが本丸。かなり広いです。奥には天守台跡があります。

20080705_1_honmaru2.jpg

天守台跡。ずいぶんと小ぶりだが。。。当時は櫓のような3層程度の天守閣でも建っていたのだろうか。。。

20080705_1_honmarudorui.jpg

本丸の周りを土塁が囲っています。

20080705_1_tatebori.jpg

本丸北側の崖には竪堀があるはずですが。。。草木でまったくわからず。

20080705_1_nawabari.jpg

縄張図。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

duckhouse

Author:duckhouse
私は取手市に住む地元とアントラーズを愛するものです。歴史にお城も好きだよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。